本文へスキップ

1月2日現在の2000年問題。大きなトラブルなしと政府。

1月2日現在の2000年問題。大きなトラブルなしと政府。
-しかし若干の問題は発生。-

2000年問題、大きなトラブルなしと政府

2000年1月1日が終わった。懸念されたトラブルも、 電力、ガス、水道、通信、交通機関などライフラインへの 影響はなかった。政府は1日午前1時における小渕恵三首相 の“安全宣言”の後も、複数回に渡ってライフラインを初めとする一 般生活に対する2000年問題への影響が、ほぼなかったことを発表 した。
しかし『若干の問題』(政府見解)は発生している。

政府のまとめによると、1月1日午後5時までに不具合は計22 件あった。分野別では、電力4件、鉄道4件、電気通信3 件、政府部門3件、放送2件、金融2件などとなっている。 ガス、水道、石油、医療などの分野では報告されていな い。


原発

東京電力福島第2原発(福島県富岡町・楢葉町)で一 時、制御棒の位置を示すシステムの表示がされなくなっ た。

また北陸電力志賀原発1号機(石川県志賀町)につい て放射線の異常を監視する県の「放射線監視テレメーター システム」で、6カ所ある観測局から一時データ収集が できなくなった。

関西電力高浜原発(福井県高浜町)でも午前1時ごろ 周辺環境を監視するシステムの一部が故障した。 このため周辺自治体の京都府舞鶴市の放射線測定データが、 関電若狭支社(福井県美浜町)のコンピュータートラブルのため 府庁へ送られていなかった。午前6時半には復旧した。
いずれも運転や安全管理に支障はなかったが、各社で2000年 問題との関連を調べている。


交通

交通分野では、定期便を運航する航空12社、鉄道大手 37社、海運62社からの報告によると大きな影響をもた らすような異常はなかった。交通量の多い全国の交差点 信号も順調という。
定期航空便が利用する主要九十二空 港では、管制、電源、給油、フライトインフォメーションにつ いて点検作業したため、1日は一部の便でダイヤが若干 遅れる。


通信

通信分野では、電話などを扱う全通信事業者と、主なテ レビ127社、ラジオ98社について確認。携帯電話は年明 けの「おめでとうコール」急増などで一部地域でかかりにく い状態が起きていたが、1日午前4時までに解消した。

またDDI系の携帯電話会社とIDOがサービスし ているデジタル携帯電話「シーディーエムエー・ワン」の一部機種で三十一 日、日付表示が「2000年12月31日」に変わり、2000年問題を心配する利用者 からの問い合わせが殺到した。
両機種は全国で約63万台が契約されているが、表示 機能のソフトに誤りがあったため通話には支障はないという。


医療

医療分野では、救急病院など重症患者を扱う「重点医療 機関」の2292施設や国立病院、大学病院から「異常な し」と報告された。
午前8時の厚生省の発表では、徳島大 医学部付属病院で一部の装置の日付が狂ったが、患者 には影響ないという。


自治体

一方、自治省によると、17府県の計43消防本部など で、水防活動などに備えるための気象観測装置の時計が 止まって動かなくなったり、印字されたデータの日付が「1 900年」となったりしたケースがあった。上水道では、全 市区町村をカバーする全国約1万の事業者の確認を終え た。


引用:読売新聞00/01/02