本文へスキップ

網戸を焼き破って空き巣の犯人逮捕。大阪府内で同じ手口130件。

網戸を焼き破って空き巣の犯人逮捕。大阪府内で同じ手口130件。
引用:2021/2/3MBSニュース


住宅の網戸を焼き破って侵入し、現金を盗んだとして建設作業員の男が逮捕された。大阪府内では同じ手口の被害が約130件起きていて、警察が警戒していた。

窃盗などの疑いで逮捕されたのは、大阪府阪南市の建設作業員の容疑者(32)。容疑者は2020年、熊取町にある住宅2件に侵入し、現金あわせて8万円余りを盗んだ疑いが持たれています。

警察によりますと、容疑者は勝手口のドアの一部に取り付けられた網戸を焼き破り、そこから手を入れてカギを開けたとみられる。
調べに対し容疑を否認しているということですが、大阪府南部では3年前から同様の手口の事件が約130件相次いでいて、警察が関連を調べています。


人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に電波を発信、離れた事務所などに自動緊急コールを行います。 人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に電波を発信、離れた事務所などに自動緊急コールを行います。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は、人が倒れて動かなくなると 一定の時間経過後に発信器から予告音が発生し、 人(小型発信機を携帯した人)がそれでも動かない時は労災事故と認識して自動電波を発信、人のいる離れた事務所や管理室、警備室などに緊急コールを行います。

工場や研究室、クリーンルーム、一人作業時の安全対策。労働災害防止対策に。
小型発信器は複数個ご利用いただけます。発信器〜警告受信機までの電波の届く距離100〜120m。
電波の届く距離を延長するために途中に中継器追加することもできます。


携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置。小型携帯発信器は人が倒れて動かなくなると一定の時間経過後に発信器から予告音が発生し、それでも作業員が動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所や警備室などに緊急無線コールを行います。

独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システムの機能と種類 独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システムの機能と種類。

一人暮らしのご高齢者、独居老人の安否確認、生存確認システムのご紹介。
住居内のトイレの扉に取り付けたドアセンサーや、居間や寝室のモーションセンサー(赤外線センサー、人感センサー)が 定期的に作動しているかどうかを安否確認システムが自動的にチエックします。
在宅中にも関わらず長時間にわたってセンサーが人の動きを感知しなかった場合に機械は異常事態発生と認識し、ご家族の方に自動通報を行います。
月々の管理費用無しの買い取り商品、通信料金の必要な商品があります。

独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システムの機能と種類

盗難被害 防犯体験談

預金トラブルに 関する体験談

空き巣、盗難被 害の体験談

鍵に関連する 防犯体験談

個人情報の悪用 に関する体験談

空き巣被害に 遭ったら?

事務所荒らしに 遭ったら?


業種別防犯対策 セキュリティ対策

一戸建て住宅の防犯対策 セキュリティ対策

マンション、アパートの防犯対策 セキュリティ対策

事務所オフイスの防犯対策 セキュリティ対策

店舗の防犯対策 セキュリティ対策

医院、診療所の 防犯対策

学校、幼稚園の 防犯対策

老人ホーム、介護 施設の防犯対策

薬局、調剤薬局 の防犯対策

屋外私設、店舗 金属資材の防犯

ガソリンスタンド の防犯対策

ファーストフード店 の防犯対策

宝石店、貴金属店 の防犯対策

金融機関の 防犯対策

スポーツ施設の 防犯対策

コンビニエンス ストアの防犯対策

自動車販売店 ディラーの防犯

自動車、バイク の防犯対策