本文へスキップ

横揺れや、ワイヤーの引っ張られてセンサーが傾斜したり振動したりすると反応します。商品に直接接着したり、商品をカバーするビニルシートにワイヤーで絡めたりして、広範囲に屋外に保管されている商品の監視をするセンサーです。

傾斜センサー、横揺れセンサーの機能
ワイヤーで引っ張られたり、設置物た傾いたりしてセンサー自体が傾斜したり振動したり、降られたりすると反応します。

商品に直接接着して動きや持ち出しを監視したり、商品に被せるビニルシートにワイヤーで絡めたりして広範囲に屋外に保管されている商品の監視をするセンサーにも利用されています。

携帯発信器に埋め込んで、一人作業時の労働災害防止警報装置に使用されている商品もあります。


横揺れセンサー
センサーが横方向に降られると作動します。同時に警報機へ送信します。
利用する際は、鉛直方向に垂直に立てて両面テープで警戒物に固定してください。
センサーが傾くと作動します。

金庫や手提げ金庫、レジ、車、バイク、自動販売機などの盗難、悪戯防止。
美術品や仏像などの普段手の触れない重要物の盗難、悪戯防止。
屋外では、資材置き場の資材、工具、重機、農産物、倉庫、蜜蜂の巣箱などの盗難防止に。


傾斜センサー
防犯盗難防止用傾斜センサー、ジャイロセンサー
小型傾斜センサーを埋め込んでいます。裏面の磁石で商品や支えになる水平な金属面に貼り付けます。
傾斜センサーがワイヤーにひかれて剥がれ落ちたりして傾くと、警報機のアラームが作動します。

以下 傾斜センサーを繋いだワイヤーを使って、ビニルシートに覆われた商品を監視するイメージ図。
ビニルシートが剥がされると警報が作動し、警告音が鳴り始めます。
傾斜センサーを繋いだワイヤーを使ってビニルシートに覆われた商品を監視するイメージ図。ビニルシートが剥がされると警報が作動し、警告音が鳴り始めます。





斜面に打ち込む杭型の傾斜センサーを使った土砂崩れ警報装置

危険のある斜面などにセンサー内蔵の杭を打ち込む作業で設置、移設を簡単に行う事ができます。

変状の恐れのある法面、斜面などの傾き変異を感知して警報を作動させ、周囲に避難を促します。
工事現場の他に、民家付近の危険な場所でもご利用いただけます。

360度全方向への傾きを感知できます。
感知機のセンサー部分が3度以上傾くと警報が作動します。
9V乾電池2個で動作します。
大がかりな電源工事は必要有りません。

シンプルタイプ
感知機と警告音の鳴る警報機が一体化したシンプルタイプ。

斜面に打ち込む杭型の傾斜センサーを使った土砂崩れ警報装置シンプルタイプ


感知機独立タイプ
センサー部分の杭と警告音を発する警報機が分かれているタイプ。
危険な場所から離れた場所で警告音を鳴らしたい場合におすすめです。
センサー部の感知機と警報機は20mの有線ケーブルで繋がります。

斜面に打ち込む杭型の傾斜センサーを使った土砂崩れ警報装置、感知機独立タイプタイプ


携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置

酸欠や熱中症などで作業員が気を失って自力で連絡できない現場でご利用いただけます。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート!
予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、
それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。

電波を受けた受信警報盤はブザーを作動しながらランプが点滅します。

携帯発信器には押すとすぐに緊急連絡を行う非常ボタン付き。
動作距離が足りないときは追加オプションで中継機を設置して行動監視範囲を広げることもできます。


携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯ジャイロセンサー発信器、警報受信盤とも複数台をご利用いただけます。

労働災害緊急連絡用携帯式ジャイロセンサー発信器
携帯式ジャイロセンサー発信器。発信器は作業員が腰ベルトに固定して使用します。 腰ベルト固定用ケース付属。




注意:同様に見える商品でも各社ごと性能、機能は異なります
十分に商品の性能や内容を確認してから購入しましょう