本文へスキップ

工場内で労働災害などに緊急事態が発生した時の緊急連絡装置。押しボタン方式やセンサーを使った警報装置で労働災害発生時に緊急連絡を行います。

労働災害発生時の緊急連絡装置。
工場内で労働災害などに緊急事態が発生した時の緊急連絡装置。押しボタン方式やセンサーを使った警報装置で労働災害発生時に緊急連絡を行います。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。

労働災害(ろうどうさいがい、英: work accidentあるいはworkplace accidentなど)
労働者が、業務に起因して被る災害。
労働者が、労働に関連する場(状況)で、事故にあったり疾病にかかること。短縮する場合は労災(ろうさい)と呼ばれる。

日本で労働災害に関連する法規としてはまず労働安全衛生法が挙げられる。同法での労働災害の定義としては、労働者の就業に係る建設物、設備、原材料、ガス、蒸気、粉塵等により、又は作業行動その他業務に起因して、労働者が負傷し、疾病にかかり、又は死亡することをいう(労働安全衛生法第2条1号)としている。広義には、業務中のみならず、通勤中の災害も含む。

業務災害の防止責任
業務災害の防止措置は、労働安全衛生法、塵肺法、作業環境測定法などのほか、一部の危険有害業務の就業禁止や就業時間制限は労働基準法に基づく年少者労働基準規則や女性労働基準規則に規定されている。また労働基準法の一般的な労働時間法制も、脳・心臓疾患や過労死を防止するための枠組みとしての役割を果たしている。これら法令に違反や著しい逸脱がある場合、業務災害発生の有無にかかわらず、労働基準監督署等から指導を受けるのは勿論、法令違反があれば送検され刑事責任を問われることもある。


業務災害の定義
労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡を業務災害という(労働者災害補償保険法第7条1項1号)。
「業務災害」として認定されるためには、業務に内在する危険有害性が現実化したと認められること(業務起因性)が必要で、
その前提として、労働者が使用者の支配下にある状態(業務遂行性)にあると認められなければならない。業務遂行性が認められる場合は、おもに以下のとおりである。

作業中(事業主の私用を手伝う場合を含む)
生理的行為(用便、飲水等)による作業中断中
作業に関連・附随する行為、作業の準備・後始末・待機中
事業場施設内における業務に就くための出勤又は業務を終えた後の退勤で「業務」と接続するものは、業務行為そのものではないが、業務に通常付随する準備後始末行為と認められている。したがって、その行為中の災害については、労働者の積極的な私的行為又は恣意行為によるものと認められず、加えて通常発生しうるような災害である場合は、業務災害とされる(昭和50年12月25日基収第1724号)。
緊急事態・火災等に際しての緊急行為中
事業主の命令がある場合は、業務に従事している・いないを問わず、緊急行為を行ったときは私的行為ではなく業務として取り扱う。
事業主の命令がない場合、業務に従事している場合に緊急行為を行ったときは、同僚労働者の救護、事業場施設の防護等当該業務に従事している労働者として行うべきものについては、私的行為ではなく業務として取り扱う。また以下の全ての要件を満たす場合には、当該業務に従事している労働者として行うべきものか否かにかかわらず、私的行為ではなく業務として取り扱う。
労働者が緊急行為を行った(行おうとした)際に発生した災害が、労働者が使用されている事業の業務に従事している際に被災する蓋然性が高い災害(例えば運送事業の場合の交通事故等)に当たること。
当該災害に係る救出行為等の緊急行為を行うことが、業界団体等の行う講習の内容等から、職務上要請されていることが明らかであること。
緊急行為を行うものが付近に存在していないこと、災害が重篤であり、人命に関わりかねない一刻を争うものであったこと、被災者から救助を求められたこと等緊急行為が必要とされると認められる状況であったこと。
事業主の命令がない場合、業務に従事していない場合に緊急行為を行ったときは、業務に従事していない労働者が、使用されている事業の事業場又は作業場等において災害が生じている際に、業務に従事している同僚労働者とともに、労働契約の本旨に当たる作業を開始した場合には、特段の命令がないときであっても、当該作業は業務にあたると推定する(平成21年7月23日基発072314号)。

出典 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置

工場や研究室、クリーンルームなどで少数で作業中の従業員の安全管理におすすめします。
作業員が意識を失ったときはジャイロセンサーが働いて自動的に事務所や警備室、守衛室などへ緊急通報を行います。

昼夜を問わず、一人作業中に万が一事故や災害が発生したときに、事務所や守衛室、 さらには電話回線やメールを使って工業外の責任者の携帯電話に緊急連絡も可能にした産業用社員安否確認システムです。

高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯電波発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。
予め設定された時間が経過しても作業員に動きの無いときは事故発生と判断して電波を発信、 事務所や守衛室に設置された警報表示盤のアラームを作動させます。
即座に緊急連絡を行うことのできる緊急押しボタン付き。

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。


(用途)
作業員が作業中に熱中症が心配される作業現場、研究施設、倉庫や工場での緊急非常連絡対策。

一人作業となる倉庫での入庫作業とクリーンルームの成形室と検査室での作業時の緊急連絡装置に考えています。

夜間一人で作業する工場や研究室での労働災害防止。早期の発見。自動電話通報を使った外部の責任者への緊急連絡。

多数の工作機械を使って金属部品を切削加工しておりますが、人数の規模30名に対して建屋・敷地が広くどうしても一人で作業する場所があります。

工場内、夜間作業中に作業者が体調不良等で緊急を要する時、作業者に携帯できる小型発信機を持たせ、無線で事務所内の人にアラーム又はパトライト等で知らせたい。

新型携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置へののご質問とその回答集

新型携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置の利用例、導入例

新型携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置の利用可能なオプション機器のご紹介

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯発信器、受信盤は複数台をご利用いただけます。

警報表示盤はジャイロセンサー電波発信器の電波を直接受信して回転灯と警報音を作動するのですか?

携帯式ジャイロセンサー装着一人作業緊急無線連絡装置の発信機のチャンネルを変更できますか?追加登録は簡単ですか?

夜勤の1人作業中に工場で作業者が倒れた時に監督者に自動的に連絡出がくるように出来ませんか?

携帯ジャイロセンサー一人作業緊急連絡装置は作業員2名でも使用可能?

警報表示盤の1〜4チャンネルに振り分けて発信機を追加登録出来ますか?

表示盤に接点出力端子を追加できますか?



携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置(コスモテクニカ製)
生産終了品。
作業員の意識が無くなったときに自動通報します。
高性能ジャイロセンサー内蔵の小型携帯発信器は、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート! 予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、 それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。 電波を受けた受信警報盤はブザーを作動しながらランプが点滅します。
携帯発信器には押すとすぐに緊急連絡を行う非常ボタン付き。
100m先まで通報できる直より無線方式。動作距離が足りないときは追加オプションで中継機を設置することができます。


携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置、人が倒れて動かなくなるとカウントダウンがスタート。予め設定された時間が経過しても傾斜センサーが動かないと、発信器から予告音が発生し、それでも動かない時は事故と認識して電波を発信、人のいる離れた事務所などに緊急コールを行います。
携帯発信器、受信盤は複数台をご利用いただけます。

携帯式ジャイロセンサー発信器
携帯式ジャイロセンサー発信器。腰ベルト固定用ケース付属。

冷蔵倉庫内の作業人に無線リモコンを渡し、事故など異常時の緊急用装置として使用を考えています。

工場で作業員が倒れると自動的に社員の携帯電話に異常を知らせるようにしたいのですが可能ですか?

手動で緊急ボタンを押す事ができない状態も検討しています。 作業員が倒れると自動的に社員の携帯電話に異常を知らせるようにしたいのですが可能ですか?

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の異常事態発生をメールや電話で離れた場所にいる担当者に報せる事はできますか?

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置の利用例と導入例、ご相談例

携帯型ジャイロセンサー式一人作業緊急無線通報装置への質問と回答

押しボタン式無線パトランプ緊急連絡装置(特定小電力無線)

押しボタンのオンオフ操作で100〜300m離れたパトランプを長距離無線で遠隔操作します。

無線式押しボタンを押すと数百m離れた無線受信機でパトライトや警告ブザーの鳴動、 もしくは接点信号出力を行います。 工場や作業場、倉庫やホール、研究施設、学校、大型店舗などでご利用いただいております。

緊急連絡、非常通報、係員や担当者、自動車の誘導などの御利用いただけます。

送信機、受信機ともコンセントに差し込むだけで設置可能。面倒な有線配線工事は必要ありません。

押しボタン式無線パトランプ緊急連絡装置無線式の緊急呼び出しボタンを押すと数百m離れたや受信機側でパトライトやブザーの鳴動

(利用方法)
屋外照明を遠隔にて手動点灯させるシステムを探しています。

工場の機械に押しボタンを設置、異常が起きたら担当者のボタン操作で事務所内で分かるようにしたい。

作業者から事務所にボタンにより緊急事態を伝えるしくみを構築したい。

コンテナヤード内でのトラックとクレーンの衝突事故防止の押しボタン操作で回転灯を使って周囲に警戒注意したい。

ランドリーの照明を道を隔てて無線でオンオフしたい。

パトランプ赤、黄色2個を屋外設置し施設内のボタンで遠隔操作したい。

工場から約200m先の倉庫へ出荷の指示を無線でできないか検討しています。

店舗入り口でスイッチを押したら店内2ヶ所でパトランプが点灯するようにしたい。

工場内の連絡用にワイヤレスチャイムを選定しております。

直売所で助けが必要な時にボタンを押せば事務所で回転灯が点滅するというようなシステムを探しています。業務連絡。


直径100ミリ小型LED表示灯
パトライト社の小型LED表示灯。受信部分の機器に電源ケーブルで接続して作動させます。写真は電源プラグを使った接続タイプ。
外観は同じで、ブザー内蔵の機種とブザーの内蔵されていない機種をお選びいただけます。
黄色のパトライト社製小型LED回転灯の外観写真


黄色LED回転の駆動中の写真
黄色ランプの回転時の写真。

LED光源とブラシレスモータ採用により長寿命を実現。メンテナンス工数を大幅に削減し、長期間安心してご使用いただけます。高所取付で使用される作業車の手配コストや作業工賃の削減に貢献します。

高視認性。新開発のデュアルリフレクタは、2重の反射鏡でLEDの光を効率的に集光。拡張された発光面積により視認性向上。回転灯特有の「走る光」の効果をさらに際立たせます。長寿命化でメンテナンスの心配無要。ブザーを併用することでより注意喚起が可能です。

パトライト社製回転灯、4色からお選びいただけます
色は4色からお選びいただけます。

ランプ部分のサイズ  直径100ミリ 縦140ミリ
電圧 AC100V
取付方法  3点ボルト足で取り付け金具に取り付けます。
警告音 ブザー内蔵の機種とブザー無しの機種の2種類からお選びいただけます。ブザーの音量は90dbです。
材質(グローブ/ボディ) ポリカーボネート
適合規格 PSE

弊社の無線受信機にパトライト製回転灯を接続した写真。
回転灯の電源接続部分は電源プラグではなく、受信機内部の電源端子台に電源線を直結した納品例の写真です。
弊社の無線受信機にパトライト製回転灯を接続した写真-受信機内部の電源端子台に電源線を直結した納品例の写真

回転灯の壁面取付用L字型ブラケット。回転灯の3点ボルトをブラケットにネジ止めします。その後、壁面にブラケットをネジ止めして固定しします。

回転灯下側に出ている回転灯固定用3点ボルト。壁面固定用ブラケットにボルトを通して固定します。

以下 壁面固定用L字型ブラケットを表示灯(回転灯)に取り付けた写真。
壁面設置用のブラケットを表示灯、回転灯に取り付けた写真


構内用携帯型無線緊急通報システム(電池式携帯無線送信機+パトランプ警告システム)

携帯電話サイズの無線発信機で事務所に異常通報します。発信機はピンを抜くだけで警報が作動します。
発信器〜受信機までの電波到達距離は100〜300mです

携帯型送信機からの電波を受けた受信機は、接点信号のONOFF、回転灯の遠隔作動などを行う事ができます。

屋外の駐車場、工場、倉庫、大型ホールなどの緊急通報システム、連絡装置にご利用いただけます。
ピン引き抜きスイッチの他に、スライドスイッチ式の発信機も製作できます。



携帯電話サイズの無線発信機で事務所に異常通報します。発信機はピンを抜くだけで警報が作動します
携帯電話サイズの無線発信機で事務所に異常通報します。発信機はピンを抜くだけで警報が作動します。

(利用方法)
押しボタン式呼び出し機でフォークリフト運転席に連絡する装置を探しています。リフト側の回転灯付き受信機の電源DC12VまたはDC24Vが希望です。

ダンプのドライバーから重機のオペレーターへ光や音で連絡出来る無線システムを探しています。

河川内(頭首工)工事の現場で洪水の懸念があるのでバックホウやクレーンのオペレーターに警戒の連絡をする商品を探しています。

バックホウおよびプラントマンに視覚で訴えるような合図をする商品を探しています。


携帯式無線発信器のスイッチを入れてから受信機が作動するまでのディレータイマーは追加可能ですか?

携帯式無線送信機と特定小電力無線受信機の間で電波が途切れた時は受信機の信号出力も止まりますか?

斜面の上で工事中の作業員が簡単なスイッチで斜面下の警備員に緊急連絡できる機械を探しています。

受信機に1個携帯式緊急無線送信機を追加登録して使用したいです。送信機の登録方法を連絡ください。

1台の特定小電力無線緊急連絡受信機に何個まで携帯型無線発信機を使用できますか?

大型ホールの場内で作業中に作業員に無線式の緊急非常停止ボタンを持たせたいと考えています。

1キロ四方の敷地内(工場の敷地)で使用する場合に必要な機器はどうなるでしょうか?

パトランプ付きの特定小電力無線受信機で作業現場を移動しながら使用できるものはないですか?

構内用携帯型無線式緊急通報システムは後日に携帯式無線送信機を追加することはできますか?

特定小電力無線中継器の取り付け方法は?携帯型無線緊急通報システム


無線式遠隔通報型非常ボタンシステム、長距離無線呼び出しシステム

押しボタンのオンオフ操作で100〜300m離れたパトランプを長距離無線で遠隔操作します。

無線式の緊急呼び出しボタンを押すと数百m離れたや受信機側でパトライトやブザーの鳴動、 接点出力を行います。 工場や作業場、倉庫やホール、大型店舗などでご利用いただいております。 無線方式の呼び出しボタンを押すと数百m離れたや回転灯やブザーが作動、担当者を呼び出します。 長距離型無線の緊急呼び出しシステムです。-特定小電力無線- 無線式ですので異常送信機、受信機ともコンセントに差し込むだけ。 面倒な配線工事は必要ありません!


無線式の緊急呼び出しボタンを押すと数百m離れたや受信機側でパトライトやブザーの鳴動

任意で押しボタン付き送信機と受信機の組み合わせ(別グループ化)を設定出来ますか?

特定小電力無線(長距離無線)単独システムと、微弱無線+特定小電力無線の混在したシステムに違いは?

事務所の押しボタン操作で屋外の3色の無線回転灯を遠隔操作してトラックなどの車両の誘導をします。

接点信号出力端子を増設して特別の非常ベルや大型サイレンをつなげることはできますか?

押しボタン無線送信機を遠隔地2ヶ所に設置しどちらかいずれか1ヶ所でも押しボタンを押した時に管理棟で回転灯が動作する無線装置を探しています。

押しボタン特定小電力無線送信機や受信機、独立アンテナユニットの設置工事や取付方法は簡単ですか?

試験室で災害があった時に押しボタン操作で別棟の100m程離れた事務所に緊急通報できる無線連絡装置を探しております。




注意:同様に見える商品でも各社ごと性能、機能は異なります
十分に商品の性能や内容を確認してから購入しましょう