本文へスキップ

火災保険-団地保険(マンション保険)のポイント。比較的安い保険料で家財の火災リスク、水漏れ事故、盗難などを補償します。

火災保険-団地保険(マンション保険)のポイント

火災保険-団地保険(マンション保険)の紹介と選び方のポイント

火災保険-『団地保険(マンション保険)』
賃借人も含めマンション居住者向けに開発された保険。
団地、マンション、アパート(鉄筋又は鉄骨コンクリート造りの建物)に住む方が加入できます。
比較的安い保険料で家財の火災リスク、水漏れ事故、盗難などを補償します。

以下のような事故が起きた場合、損害保険金が支払われます。

火災
落雷
破裂または爆発
建物外部からの物体の落下、衝突など(例えば飛行機の墜落や自動車の飛び込みなど)
給排水設備の事故による水漏れ
騒じょう等の暴力行為
風災、ひょう災、雪災
盗難(含む現金、預貯金証書)
a,盗難により住宅、動産(家財)が盗取、き損、汚損された場合
b,現金、預貯金証書、キャッシュカードの盗難
※警察に盗難届が必要です

通貨、預貯金証書の盗難
通帳および現金自動支払機用カードを含みます。
通貨については1事故につき20万円を限度。
預貯金証書については1事故につき200万円、 または家財の保険金額のいずれか低い額を限度として実際の損害額。
明記された貴金属、美術品等の盗難は、1事故につき1個または1組ごとに100万円を限度に 支払を受けられます。
(1個または1組の価額が30万円をこえる貴金属・美術品は明記物件です。)
※盗難保険金は家財が保険の目的(保険をつけた物)である場合で保険証券記載の建物内における 盗難に限ります。

自転車、バイクの盗難
自転車、バイク(125cc以下)は被保険者住居棟指定の駐輪場に置いた場合に限ります。

建物の修理費用-費用保険金
家主との契約上自分で負担した修理費用の実額−免責額。但し、契約金額の20%限度。 火災、落雷、破裂または爆発、建物外部からの物体の落下、衝突など (例えば飛行機の墜落や自動車の飛び込みなど)、 給排水設備の事故による水漏れ、騒じょう等の暴力行為、風災、ひょう災、雪災、 および盗難。

そのほか
この保険には「物保険」「費用保険」「傷害保険」および「賠償責任保険」の4つが セットされています。


-被害にあった際は必ず身近な専門の方に相談してください。-


空き巣にはいられ・・・・火災保険などの保険の適用は?
泥棒に入れらて精神的にまいっています。保険に入っていたのが救いですが..。
マンションの6戸連続窃盗被害、計344万相当の被害
アパートの空き巣に入られました -対応策-防犯ブザー、賃貸保険

一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。