本文へスキップ

車の防犯グッズの紹介と選び方のポイント。車両自体を固定する車両盗難防止グッズ、警報装置、GPS発信機など。

車の防犯グッズの紹介と選び方のポイント
高級車の盗難や車上荒らしは年々増え続け 大きな社会問題となっています
愛車が一度盗まれれば海外に売られたり解体されたりで
後日に発見されることは稀です



車両を固定する車両盗難防止グッズ

車両を固定してしまう、ロックタイプのアイテムは古くからある盗難防止グッズで、 ステアリングやギア、ブレーキペダルなどの車の運転に必要不可欠な操作系を固定して、 動かないようにするタイプのものです。 形状的には金属製の棒状のものでロック機能を兼ね備えたものが多く、 価格も比較的リーズナブルなものが多いようです。 しかし、その形状からアイテム自体が大きくかさばり、施錠が面倒だという欠点もあります。

車両を固定する車両盗難防止グッズ

警報機

センサーが振動・衝撃・電流などの異常を感知すると、大音響の警報(サイレン)や 激しいフラッシングを発生するタイプのもの。 警報やライトなどで、周囲の人に異常を知らせるという効果があります。 しかし、周囲に誰も人がいないというような環境に駐車してある場合には全く効果が望めません。 また深夜の住宅密集地、立体駐車場などで強風や地震などにセンサーが反応して、 誤作動を起こしてしまった場合には、周囲に迷惑をかけることの考えられます。

【代表的な機能】 - 各メーカーの商品機能を確認して購入しましょう。
セキュリティONの間、愛車のエンジンスターターが作動しないようにして、 エンジンを掛けて車を盗難することを防ぎます。
泥棒が警報機を切断してもエンジンがスタートできない。
窓ガラスの破壊に伴う振動で異常を感知、警報音を発します。
愛車の傾きや動きを感知します。高価なホイールやタイヤを守るのに有効です。


車の防犯グッズの紹介と選び方のポイント

異常通報機器

ただ警報やフラッシングするだけでなく、センサーが異常を感知した時には警報と同時に、 離れた場所にいる持ち主の携帯端末に通報してくれるタイプです。 通報タイプは離れた場所からも愛車の状態がわかり、異常が検知された場合は即座に車へ 駆けつけることができます。 但し、駆けつけるまでの間に時間のかかる場合には効果が期待できないこと、 場合によっては危険が伴う事も考えられます。

車の防犯グッズの紹介と選び方のポイント

車の防犯グッズの紹介と選び方のポイント


盗難防止用GPS車追跡機器

万が一車を盗まれてしまった場合に車の位置情報をインターネットなどで 確認できるタイプです。いつでも愛車の位置が確認できるので安心感があります。 スマートホンで愛車の位置を検索できます。 測位の方法はPHSやGPS、携帯電話などを使って検索する方法があります。 車両に搭載した機器を遠隔操作して、エンジンを止めたり、クラクションを鳴らしたりする機能が付いたものもあります。

GPS車追跡機器

引用
(社)日本自動車連盟のホームページ
大阪府警察ホームページほか




-家から離れた車庫、ガレージのセキュリティシステム-

メール通報機能付きワイヤレス機械警備システム
メール通報機能付きワイヤレス機械警備システム
車庫、ガレージ、倉庫など家から離れている電話回線のひかれていない建物の防犯監視、屋外に置いてある商品の防犯監視に適しています。 固定電話回線の替わりに携帯電話網を使って、担当者の携帯電話にショートメールを発信して異常を知らせることができます。
赤外線センサーや開閉センサーなどのセンサーを使って商品などを防犯監視します。 センサーの異常は警報機本体に内蔵のFOMA SIMカードを使って緊急外部自動通報を行います。 警報機本体は防雨ケース収納です。電話の引かれいないガレージ、事務所や店舗、倉庫、電源の取れる屋外資材置き場などにもご利用いただけます。


センサーの異常は警報機本体に内蔵のFOMA SIMカードを使って緊急外部自動通報を行います



関連リンク集
イモビライザーの紹介
自動車盗摘発に秘策、偽ナンバーを即逮捕-運送車両法を厳格適用-福岡県警-
駐車中の車から197人分の預金者名簿盗難
ドライバー1本で鍵開け2秒、車上狙い500件
自動車泥棒、中古車の被害が急増
盗難車を発見しても検挙できない?崩せぬ言い逃れ
盗難トラック、解体し東南アジアに販売
輸入盗難車、日本での経緯に問題なければ購入者に所有権
車上荒らしに遭いました... -オススメの警報機?
ナンバープレートと車検証が知らないうちに盗難?
ドライバー1本で鍵開け2秒、車上狙い500件-車上荒らし、主にファミリーレストランの駐車場を狙う