本文へスキップ

初めての都会生活で幼児とほとんど2人きりなのでとても不安です。その他生活する上でも気をつけたほうが良いこととか、どんな事でも構いませんのでみなさん教えてください。

新居の玄関ドアに表札をつけるべきがどうか?ベランダに置かない方がよいものは?
[1045] 表札 投稿者: 投稿日:2004/06/06(Sun) 02:41:24

最近東京に引っ越してきました。
新居の玄関ドアに表札をつけるべきがどうか悩んでます。 どなたかアドバイスください。

それとベランダに置いとかないほうが良い物とかありますか? 初めての都会生活で幼児とほとんど2人きりなのでとても不安です。 その他生活する上でも気をつけたほうが良いこととか、 どんな事でも構いませんのでみなさん教えてください。どうぞよろしくお願いします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


Re: 表札 - 2004/06/06(Sun) 08:52:46

表札があることで、個人情報を探られるという話はあります。 ただ、苗字だけ程度であれば、その心配も薄いかと思います。 逆に、なんにも表示がなかったばかりに、間違って違う部屋に郵便物が行ってしまうということもあります。

名前を出すと、行きずりの訪販などが、宅配便を装いドアを開けさせることもあります。 基本的にお届け先のフルネームと発送人の氏名を確認しなければ、ドアを開けてはいけません。

カギは防犯性が高いものにしましょう。また、在室中は施錠と、チェーンを必ずかけましょう。 掛けたチェーンは、短く束ねておく方が効果的です。 また、高い場所であっても、窓は補助錠をつけておくほうがいいでしょう。

ベランダは、火災時の避難経路になることがありますので、基本的には物は置いてはいけません。 もし、登りやすいような状況があるのなら、足場になるようなものは置かない方がいいでしょう。

とりあえず、近所の警察署や交番で、近隣の治安や犯罪傾向の状況などをお尋ねになって、 地域的なアドバイスを受けられてもいいかもしれませんね。


個人情報… - 2004/06/06(Sun) 14:00:30

表札とは関係ありませんが、他人に電話番号を知られないように電話帳には掲載しない、 NTTの番号案内を断るという対策は不可欠です。

それと、捨てたゴミから個人情報が漏れることがあるので、請求書などの郵便物を捨てるときは 必ずシュレッダーにかけましょう。届いた宅配物の段ボールを捨てるときも宛名伝票は必ず剥がしましょう。 ゴミを出しにいくとか、ほんの数分間留守にするという場合でも必ず施錠する習慣をつけることが大切です。





一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。