セキュリティ情報トップ頁>> 防犯、安全に関する最新の話題をピックアップ>>

火災保険訴訟、火災発生原因は保険会社に立証責任
-最高裁-

-引用:毎日新聞:2004/12/13-

火災保険訴訟、火災発生原因は保険会社に立証責任-最高裁

火災保険を契約した5日後に発生した火事を巡り、 契約者と保険会社が争った訴訟で、最高裁第2小法廷は13日、 『保険会社は発生原因を立証できない以上、支払い義務がある』と 保険会社側の上告を棄却する判決を言い渡した。 保険会社に5000万円の支払いを命じた大阪高裁判決(今年3月)が確定した。


火災保険は通常、
『故意または重大な過失で火災が発生した場合、保険金を支払わない』
との契約になっており、火災原因をどちらが立証すべきかで判断が分かれてきた。

小法廷は『火災で財産を失った契約者が原因を証明するのは困難であり、 立証責任は保険会社にある』と初判断を示した。 原因が判明しない場合、保険金が支払われる契約者側に有利な判決で、 同種の訴訟や保険実務に影響を与えそうだ。
原告は大阪市内の女性。99年に保険料約50万円を支払い、 地下1階地上4階建ての店舗兼住宅用ビルに火災保険をかけた。 その5日後に出火し一部を焼いたため、同社に保険の支払いを求めていた。
大阪地裁(昨年5月)と大阪高裁は最高裁判決同様、原告勝訴の判決を言い渡していた。


火災保険を巡る最高裁判決は、 『時に生活の基盤すら失われることがあり、速やかに損害を補う必要がある』と 早期の被害回復の必要性を重視して、原因の立証責任を保険会社に課した。
火災原因が特定できない場合、契約者と保険会社との間で民事訴訟に発展することが多い。 その際のポイントは立証責任をどちらに課すかだが、保険会社が立証責任を負えば、 放火の事実や契約者側の重過失を立証しない限り、保険金を支払うことになる。 逆に契約者が立証責任を課されれば、自分で出火原因を立証しなければならない。

判決は、火災保険に関する商法の規定や契約書が 『原因にかかわらず保険会社は支払い義務を負うが、 故意(放火)などの場合は支払いを免責される』などとなっていることを指摘。 支払うことを前提としている以上、 保険会社側が免責理由を立証しなければならないと結論づけて、被害救済の道を開いた。



関連ページ

空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント 空き巣被害にあったら!被害届などの対処法とチエックポイント
もし事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント もし事務所荒らし被害に遭ってしまった時の対処法とチエックポイント

一戸建て住宅の安全対策と空き巣の手口 一戸建て住宅の防犯対策と空き巣の手口、防犯体験談
マンションやアパート賃貸住宅の空き巣の手口 マンションやアパート賃貸住宅の防犯対策と空き巣の手口
事務所荒らしの手口と防犯対策 事務所荒らしの手口と防犯対策
店舗、お店の防犯対策と事務所荒らしの手口 店舗、お店の防犯対策と事務所荒らしの手口

トラックやダンプカー、バスなどの運転席から道路のパトランプを無線操作します。
トラックやダンプカー、バスなどの運転席から道路のパトランプを無線操作します。 トラックやダンプカー、バスなどの運転席から道路のパトランプを無線操作します。
持ち運び式押しボタン送信機はソーラー電源受信機のよく見える運転席のダッシュボードの上に置きます。 歩行者などへの注意喚起、交通安全対策に。
タイマー内蔵型ソーラー遠隔回転灯警告システム(特定小電力無線)
遠隔受信機と回転灯はソーラー電源で動きます。 回転灯の設置場所にコンセント(電源)は必要ありません。

センサーが設置された場所で人や車を感知すると、フォークリフトの運転席の回転灯を数十秒間回転させて報せます。
センサーが設置された場所で人や車を感知すると、フォークリフトの運転席の回転灯を数十秒間回転させて報せます。 センサーが設置された場所で人や車を感知すると、フォークリフトの運転席の回転灯を数十秒間回転させて報せます。
出入り口や通路に取り付けた屋内用、屋外用の赤外線センサーが人や車を感知すると、 赤外線センサーが感知すると遠隔送信機に微弱無線で連絡します。 特定小電力無線で重機やフォークリフトの運転席に自動連絡、 運転席近くに設置されたパトランプを数十秒間回転させて報せます。

ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
ホームセキュリティシステム(家庭向け防犯対策システム)の機能と確認ポイント。 各種センサー機器があなたの自宅の安全や防犯を監視をします。 警備会社のサービスと買い取り式ホームセキュリティとの違い。 泥棒、火災、非常通報、救急通報などサービスも多彩になりました。 登録された電話などへ自動的に通報する商品が増えてます。

業種別防犯対策、盗難防止、セキュリティシステム

業種別の防犯対策、セキュリティ対策

物件別防犯対策、セキュリティ対策

医院、診療所、歯科医院

学校、幼稚園、保育園

老人ホーム、介護施設

薬局、調剤薬局

屋外施設、金属、銅線、仮設建物

ガソリンスタンド

ファーストフード店、飲食店

宝石店、貴金属店

金融機関

スポーツ施設、スポーツジム

コンビニエンスストア

カーディーラー、自動車販売店

自動車、バイク

銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件

強盗事件

クレジットカードの不正利用や偽造事件

個人情報の安全、トラブルと悪用の事例

皆さんの防犯体験談

預金に関する盗難体験談

空き巣被害の体験談

鍵の安全体験談

個人情報


ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯システム)

セキュリティシステム、防犯システムの導入例



セキュリティ情報.comトップページへリンク



 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..