防犯グッズトップ頁へ
私設私書箱サービスの紹介と選び方のポイント

私設私書箱サービス

最近、急にダイレクトメールや商品勧誘の電話が増えたと思いませんか?
私設の私書箱を作れば自宅へのDMが急に減ってしまったという話も。


自分の本当の住所を知られたくない人のために、第2の住所を提供し、郵便物の受け取りを代行する私設私書箱サービス。

私設私書箱サービスの店内には小型ロッカーのようなメールボックスが設置されていて、 運転免許証など写真付きの身分証明書と現住所が確認できるものを提示すれば、 入会金と月々の利用料で専用ボックスを設定、メールボックスの鍵を渡されます。
利用者は、私設私書箱サービスのお店の住所を2つ目の住所として使い、 自宅住所を知られずに郵便物を受け取ることが可能になります。

soho事業者の利用を見込んでスタートしたが、女性の個人利用が増え始めた。 ダイレクトメールや商品勧誘、ストーカーに困った女性が、転居先は誰にも知らせず、 住所だけを私設私書箱に移した例もある。
いろいろな場面で自宅住所や氏名を書き込むことって結構多いと思います。 それと同時に個人情報が漏れる可能性が高くなります。


関連リンク集
郵便ポストの安全、防犯対策

注意:同様に見える商品でも各社ごと性能、機能は異なります
十分に商品の性能や内容を確認してから購入しましょう



index セキュリティ情報トップ頁 話題 防犯体験談 物件別の防犯対策 業種別の防犯対策 自動通報機 安否確認 セキュリティシステム
防犯グッズの比較、選び方、口コミ情報 一戸建て住宅の防犯対策と空き巣の手口 マンション、アパート、集合住宅、寮の空き巣の手口、防犯対策
事務所、オフィスの防犯対策と事務所荒らしの手口 店舗、お店の防犯対策と事務所荒らしの手口


(C)Copyright security-joho.com. All rights reserved.


.