本文へスキップ

地震や爆発などの災害によって、ガラスが砕け飛散するのを防ぐ効果があります。防犯フィルムをガラスに施工することで破片が四方に飛び散るということがありません。

防犯フイルムの紹介と選び方のポイント
窓ガラスからの賊の侵入を抑制させる窓ガラス用防犯フィルム。泥棒は住居への侵入に時間のかかるほどあきらめる可能性が高くなります


防犯フィルムを窓に貼ることによってガラスが強化され、 窓を破って侵入する泥棒を侵入困難にし、泥棒の侵入時間をかせぎます。 (ショーウインド近くに商品を陳列している商店などでも効果的 )
補助錠や他の防犯設備と併用する事で、より防犯効果を上げることができます。

日が強く当たる箇所に貼ることで有害な紫外線をカットします。 展示品の紫外線による色あせ防止に。(製品によります) 窓から入る太陽光線を抑え、夏場の冷房効果が良くなり省エネになります。

防犯フイルムには、地震や爆発などの災害によって、 ガラスが砕け飛散するのを防ぐ効果があります。 防犯フィルムをガラスに施工することで破片が四方に飛び散るということがありません。
子供や人の多い環境でガラス飛散などによるケガ防止に-学校、大規模施設など。
地震、火災、爆発などによる二次災害の発生防止に-高層ビル、商店など。

防犯フィルムは、フィルムを貼った反対側からの力に対して強度があるもので、 貼った側からは普通のガラスの様に割れることから、 災害時の緊急事態には、ガラスを内側から破って、たやすく非難できるメリットがあります。


いろいろなメーカーの商品によりますが、一般に防犯フイルムは以下のような点が指摘されます。
1.数年するとはがれてきた。
2.数年するとフイルムが黄色く濁ってきた。
3.フィルムがなかなか綺麗に貼れない。空気が間に入る。
4.ガラス面の角からフイルムと一緒に窓ガラスが破られた。
商品によっては熱にあまり強くないものもあるようです。

ガラス面への貼り方が悪いと防犯効果が発揮できない場合もあります。 また、凹凸のある窓やジャロジー窓には接着しにくいのも欠点です。 トイレや風呂場などフイルムの貼ってない窓や扉から侵入されてしまった、というお話もお聞きします。

泥棒の侵入を防ぐためには防犯フイルムだけでなく、 ホームセキュリティ機器の導入など家全体のリスクを見て、 トータルで必要なものを順次検討することをおすすめいたします。

防犯フイルムは、利用方法によっては大きな効果が期待できる商品ですが、 商品選定の際は、製造元や用途、設置場所、耐用年数などを十分に吟味して購入しましょう。



関連リンク
賃貸マンションの防犯対策
防犯フィルムの性能、使い方


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。



注意:同様に見える商品でも各社ごと性能、機能は異なります
十分に商品の性能や内容を確認してから購入しましょう