郵便局で、不正な委任状を使って現金を引き出されました。

セキュリティ情報トップページへ>> 皆様の防犯の体験談>> 銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件、印鑑の盗難被害>>

投稿日: 2006/05/16(火)

週末に車で出かけ、郵便局ATMで貯金通帳にて払出をした際、帰宅途中で通帳を紛失した事に気付かず、週明けに別の郵便局で不正な委任状で払出されてしまいました。
その手口は計画性で1回目は5万円の不正印の委任状で窓口を通し出来た事を確かめ、2回目から5回目まで199万、100万、定期預金の300万、 同300万の合計904万を払い出されてしまいました。局員は印鑑照合見誤ったほか高額の請求にも関わらず委任者の確認もせず払い出しておきながら、夜になってから当方に確認の電話が入ったのが現状です。

当方はそれまで全く紛失の認識が無かった為、紛失手続きをしていなかったのが最大の過失かもしれませんが、それにしたも、局員の業務姿勢を大いに批判し善処を求めて行く所存でが。こんな現状に対し良いアドバイスを えて下さい。 尚、その夜駅前交番へ紛失届けを済まし、翌朝には局に警察の捜査が入りました。
聞くところによると、郵便局には独自の郵政監査官が入り独自に捜査が成されるとか、それによって引き出し被害の現状回復という手続きもあるとか聞いていますが、当方はその現状回復を願って止みません。
どうぞよろしくお教え下さい。

○○○

投稿日: 2006/05/17(水)

大変な被害ですね。通帳は紛失された(盗難ではない?)のでしょうか…?

どうして確認の電話はどうして入ったのでしょうか???

@局員さんが伝票を見直していて、おかしいと思った???
A通帳に電話番号記入欄があるのでしょうか?犯人が正しい電話番号をなぜか知っていた?

私が被害にあったときは郵政公社になる直前で、郵政監察官も局員さんも、あまりギスギスしていなくて、他の人とくらべてもかなり親切にしてもらえて、同時に被害にあった銀行の威圧的な、粗雑なあしらいとは比べものになりませんでした。…ので、あんまり参考にはなりませんが。。。

払戻し用紙やその裏面、押印、犯人の引き出し現場の写真、窓口局員の供述(払戻しの手続きを説明してもらいました)などを郵政監察官との面談で見せてもらって、調書を作成したのですが、資料をしっかり見て、思ったことは率直に伝えてよいと思います。 私は貯蓄貯金用通帳2冊から計740万円の被害だったのですが、同時に払い出されたからなのか、原状回復の判断をするときは返ってくるお金は全額かゼロだと言われました。今の場合、どういう扱いになるのか、聞いてみてください。

何のお役にも立てませんが、私も原状回復をただただ祈っております。

○○○

投稿日: 2006/05/19(金)

書き込みありがとうございます。

通帳はATMか車の中で取られたか、或いはコンビニで落としたのか定かではありません 局員からの確認の電話は白岡町の電話帳で調べたようです。 閉店後局長が伝票の確認をした時初めて不審に思い本人確認の電話をしたそうです。 通帳には住所も電話番号の記載はありません、搾取者は町の電話帳から住所を調べ代理人の偽装文書を作ったようです。

先にも書きましたが、私の届け印鑑と照合して明らかに違いが解りましたし、高額の払い出しには他局に聞いても100万以上は本人確認を取るという事ですから、これは絶対局員の過失だと断言出来ると思っています。 ですから、郵政監察官が来週初めに入ると聞きましたので、その観察の成りゆきを見ながら対応したいと思います。

予断は出来ませんが、当初から局長は低姿勢で応対しており、自分たちの過失をうすうす認識しているように見られますが、監察官の調査を受けてから話合いにしてほしいと言っています。 私の場合、盗難か紛失かで先方の出方があるように思えますので、予め町の法律相談に出向いて、その対応を聞き出したいと思っています。
本当に書き込み有難う御座いました。又、何かお知恵がありましたらお教え下さい。

○○○

投稿日: 2006/05/23(火)

またまたお尋ねいたします。

以前に現状回復された経緯の記述があり、 「被害が発覚してすぐに警察に被害届を出すと同時に郵便局に盗難届を出し、警察に提出するからと取引履歴を取り寄せました」とありましたが、私の場合先に警察へ紛失届けで届けた為、その後の警察は盗難届、被害届は受け付けてくれません。郵便局へは盗難届けとか被害届はのでしょうか。出すとすればどのような方法で出せばいいのでしょうか、教えて下さい。尚、22日に監察局から電話が入り、紛失の経過などを訪ねられましたが、当方は紛失か盗難かは不明である旨伝え、現場調査は此からであるとの事でした。

又、知人の県議を介し県警を通じて対処を依頼した結果では、現状は監察局が入っているので、その後で捜査に入るとの事でした。今は好転に成る事を願って止まない心境のみでおります。宜しく教えて下さい。

○○○

投稿日: 2006/05/24(水)

最近の銀行は窓口での払出は案内人により大方ATMへ誘導して払出に暗証番号確認や端末での筆跡確認などしているのに、郵便局は窓口では不確認な印鑑照合や、本人確認の不徹底なだで、顧客に対する管理体制やその取り組みに真剣身が伺えないでは無いか。

被害者は窓口よりも、大切なお金を預けている顧客側じゃないですか。こういう事件が初めてなわけでは無いはずなのに、郵便局側はもっと対策を立てるべきであると思う、窓口も顧客と接しているプロなんであるから、不審な払出の対応等には徹底した確認義務を行う事は当然の義務であると思う。通帳を紛失とか盗難とかで盗られる側にも、自己責任はあると思うが、最後の砦が誠実正確で無いと安心してどこへも預けれないでは無い。 本当に腹立たしい思い出やりきれないです。

○○○

投稿日: 2006/05/24(水)

お返事が遅くなってごめんなさい。

郵便局での盗難届は、被害が発覚した当日に電話でしました。 (取引中止の申し出です)

翌日、窓口に行くと、取引中止理由が『紛失』扱いになっていたそうで(うちはもともと盗難でした)、キャッシュカードを機械に通して、登録を切り替えてもらいました。 でも、この届出は、郵政監察官に捜査に入ってもらうためのものだと理解しているので、もと様の今の状況では心配しなくてもよいように思います。

私は銀行と郵便局の被害だったので、警察には銀行の捜査に入ってもらって、郵便局からは、郵政監察官が作成した捜査資料と調書がそのまま警察に渡ったようです。 (引出し犯がつかまったときの刑事裁判資料に郵政監察官が取った捜査資料と私からとった調書がそのまま入ってました。)状況としては同じ手順で進んでいると思います。

良い結果になるといいですね。

○○○

投稿日: 2006/05/26(金)

再度のアドバイス有難う御座います。 盗難届けは被害が発覚した翌朝電話で申し込みました。 被害から1週間めの5/22に監察官から電話が入り、被害前の行動に付いて質問されましたが、紛失か盗難かに付いては不確定な応答で答えました。 5/23日に局へ調査が入り資料等は持ち帰ったそうですが、局員の調書はしなかった様です。 

私も微力ながら町内役員を努めている関係から、県町議員に依頼して県警や法律相談など関連機関に働き掛けている処です。
最良の結果を期待して止みません。

○○○

投稿日: 2006/05/28(日)

>5/23日に局へ調査が入り資料等は持ち帰ったそうですが、局員の調書はしなかった様です。 

随分前のことですが、刑事裁判資料を見比べて、 ・銀行での被害では、警察が窓口行員から引き出しの経緯を聞き取って供述調書をとっていますが、 ・郵便局の被害では、郵政監察官が窓口局員から引き出しの経緯を聞き取りはするのですが、窓口局員の供述調書は作らず、払戻請求書などの資料の説明に行員の供述を織り込んでいることに気がつきました。だから、局員の調書はとらないみたいです(いまはたいていの被害で原状回復が認められるというわけでもないので、とってくれたっていいように思うが…)。

犯人が捕まって、どうやって通帳を入手したかが明らかになれば、盗難か紛失かの問題は解決できると思いますが…。

ついでに申し上げると、そもそも、「ゆうちょくらぶ」ができた経緯は、窓口での盗難通帳の被害ではほとんど原状回復されるので、原状回復の対象にならないATMでの被害の補償を保険でカバーしましょう、っていうものだったのに、 今は窓口での被害で原状回復が簡単には見込めなくなり、 ATMでの被害法律で補償できるようになり、さらに「ゆうちょくらぶ」で補償が手厚くなった。

結果として、同じ預金被害なのに、窓口での被害っていうだけで、補償されるかどうかの判断が厳しい。。。郵便局って、利益があがってるんですよね…。

○○○

投稿日: 2006/05/28(日) 22:21:08

たびたびの情報有難う御座います。

私も「ゆうちょくらぶ」へ問い合わせをしたところ、やはりATMでの被害のみ保険がきくそうで、監察局とで対応して下さいとの回答でした。 明らかに業務上過失と思われる当の局員は、観察局員にげたをあずけたかたちで、当方の対応には全く無責任きわまる対応で、腹立たしい限りです。

警察も監察局の調べが終わらないと捜査に入らないと言われ、時間が経過すれば捜査方法にも不利な立場になるのではと思いますし、だいたい埼玉県警は上尾とか久喜とか不祥事だらけの警察ですから、なおさら不安がつのる毎日です。 いま、法律相談窓口を尋ね最悪の事態に備え準備にかかろうとしているところで、被害前日からの行動と対応等について克明な記録を記しているところです。頑張ります。

○○○

投稿日: 2007/06/19(火)

一年半くらい前に引き出されていたのに気づかず最近気づいたのですが、防犯カメラの映像等は見せてもらえるのでしょうか?(残っているものでしょうか?)

○○○

投稿日: 2007/06/25(月)

犯人が提示した委任状には、郵便局への届出印とそっくりの印影があったということなんでしょうね? その際、郵便局員は、窓口へきた人物とモトさんとの関係などを確認したのでしょうか。どういうやりとりをして、代理人だと信じたのでしょう。

払戻は窓口でなされたようですので、払戻請求書にも偽造印が押されていたのでしょう。印鑑は、局員の目の前で押したのでしょうか。どの程度本物と似ているのでしょう。

委任状を見せているということは、「本人ではない」ということを前提に手続している訳ですから、これだけ立て続けに高額の払戻をしていることも併せて考えると、慎重な権限確認が必要な取引であると考えられると思います。
なお、窓口で引き出された場合には、盗難でも紛失でも同じですよ。


 買い取り商品のホームセキュリティシステム
月々の費用の要らない買い取り商品のホームセキュリティシステム。
警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方にもおすすめです。コスト削減、経費削減に。


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット ホームセキュリティとは?機能の比較と導入メリット
ホームセキュリティシステム(家庭向け防犯対策システム)の機能と確認ポイント。 各種センサー機器があなたの自宅の安全や防犯を監視をします。 警備会社のサービスと買い取り式ホームセキュリティとの違い。 泥棒、火災、非常通報、救急通報などサービスも多彩になりました。 登録された電話などへ自動的に通報する商品が増えてます。

独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム 独居老人世帯、一人暮らし高齢者世帯向け安否確認システム
ご高齢者の一人暮らし、独居老人の安否確認に。 トイレの扉に取り付けたドアセンサーや、モーションセンサー(赤外線センサー)が、 定期的に作動しているかどうかをシステムが自動的に確認します。 自動的に居住者の安否を確認します。 長期間、センサーが作動しなかった場合、 異常事態と認識し、外部へ自動通報します。 月々の管理費用の要らない安否確認システムをご紹介します。


空き巣、盗難体験談

鍵の防犯体験談

個人情報の防犯体験談

防犯の話題

空き巣にあったら?

業種別の防犯対策、安全対策

物件別防犯対策

一戸建て住宅の防犯対策

マンション、アパートの防犯対策

オフイスの防犯対策

お店の防犯対策

医院、診療所、歯科医院の防犯

学校、幼稚園、保育園の防犯対策

老人ホーム、介護施設の防犯対策

薬局、調剤薬局の防犯対策

屋外施設、仮設建物の防犯対策

ガソリンスタンドの防犯対策

ファーストフード店、飲食店の防犯対策

宝石店、貴金属店の防犯対策

金融機関の防犯対策

スポーツ施設の防犯対策

コンビニエンスストアの防犯対策

カーディーラー、自動車販売店の防犯対策

自動車の盗難防止、防犯対策

銀行預金の盗難事件、不正引き出し事件

店舗や事務所、住宅の強盗事件

クレジットカードの不正利用や偽造事件、盗難被害

個人情報の安全、トラブルと悪用の事例

セキュリティシステム、防犯システムの導入例


ホームセキュリティシステムの比較、機能と導入事例集(家庭用防犯システム)

マグネットセンサ、ガラス破壊センサー

赤外線センサー、赤外線警報器

シャッターセンサー

横揺れセンサーの機能

住宅用火災警報器

高齢者用安否確認システム

無線呼び出しチャイム

携帯電話を使った異常通報システム

Webカメラ

パトライト、回転灯、パトランプ

非常ボタン、緊急通報システム

警報機の種類と機能

自動通報機の種類

屋外用ワイヤーセンサー

自主機械警備システム

警備保障サービス

ポケットベル

設備監視、設備制御システム

金庫の知識



セキュリティ情報.com

 (C)Copyright セキュリティ情報.com.All rights reserved.

..