本文へスキップ

宿泊施設の防犯対策は?備え付けのドアチエーン以外に何を考えるべきだろうか?

宿泊施設の防犯対策は?

今迄は防犯に関して安心してましたがここを見てると不安を感じます。 備え付けのドアチエーン以外に何を考えるべきだろうか。
少なくとも荷物は施錠可能なスーツケースを利用し在室中でも睡眠時は鍵をかける事を努めるのです。 ここのサイトを見てる皆様は如何なる心掛けをしてるか聞かせて頂きたいものです。

○○○

昨年、九州の某ホテルで、マスターキーを盗み出そうとして従業員を殺した元従業員が逮捕された事件がありましたよね。じっさい、そんなもんが流出したら、安心して泊まれるものではありません。 特に海外などでは、メイドが合い鍵を使って・・・というのも珍しくないとも言います。

国内においても、ピッキングが簡易な錠を使用しているケースは未だに少なくありません。プロ的に見て、やばいホテルなんてのは、いくらもありますから。

ともかく、室内に置いてけぼりの荷物は、盗られてもかまわないものだけにすべきだと思います。それは、室内の金庫でも同様。現金やパスポートなどは、肌身離さないのが原則でしょうね。

○○○

宿泊施設は不特定多数の方が出入りします。その中で貴重品を守るのはなかなか難しいです。 そこでお部屋には金庫などが置かれているようですが、それも今一不安ですよね。 そんなときは、カウンターに預けるのが一番良いかと思います。
お部屋にも書いていると思いますが「貴重品はフロントまで」と。 預けるときに、中身の確認を忘れずしてもらうことです。 できれば、預かり書を書いてもらうこと忘れないように。 お部屋で盗難にあってもお宿は一切責任を持ちません。
理由は、お宿の方がお客様の貴重品に付いて何を持っているのかを知らないからです。 お宿に預ければ貴重品の責任はお宿に属します。 個人で管理する限り、個人責任です。





一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。