本文へスキップ

当方のマンション管理組合で、協議の上防犯カメラを駐輪場2台、エレベーター内1台つけることにしました。

マンションでの防犯カメラの運用について教えてください。

当方のマンション管理組合で、協議の上防犯カメラを駐輪場2台、エレベーター内1台 つけることにしました。これらはエレベーター会社のオプション契約で5年リースでやる予定です。 現在は、運用方法を思案中です。

・カメラ稼動中の監視TVによる監視は行わない。(プライバシー保護のため)
・事故等、再生する必要がある場合のみ理事会承認の上、TVモニターを接続して再生する。
・再生した件については、管理人が日報に記録をつけておく。


こんなところでしょうか。現在、防犯カメラを稼動中のマンションで、 運用マニュアルを設けているところがあれば伺いたいと思います。

また、マンション管理規約に明記しているのか、伺いたいと思います。
(「設備」の項目か、「使用細則」の項目に設けてあるのか)
そしてマンション管理規約の中に防犯カメラの件を設けているところがありましたら、 どのぐらい記入してあるのか伺いたいと思います。 よろしくお願いします。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


(res)
書き込みありがとうございます。いろいろ検索してみましたが、
『勝手にマンション改善委員会』さんのサイトがたいへん参考になりました。
以下、ご了解をいただきましたので転載させていただきます。


-防犯カメラシステム運用規則-
本システムは、○×マンションの各住戸への来訪者を、 録画装置により録画すると共に各住戸のテレビにより直接確認することにより、 安全で快適な共同生活を維持することを目的とし、以下の運用規則を定める。

第1条 録画テープの閲覧は、システムの調整の場合、又は事件が発生した場合のみとし、 閲覧は、必ず管理組合役員立ち会いの元に複数人で行う。
第2条 事件解決の為に、止むを得ず第3者に貸与しなければならない時は、 理事会の過半数の承認を得る事とする。
第3条 防犯システムにより知り得た情報は、決して他人に口外してはいけない。
第4条 録画内容は、最低1週間保管することとする。
第5条 防犯カメラシステムの取り扱い方法については、添付資料の内容とする。
第6条 本システム運用上、問題及び不明事項が発生した場合は、管理組合理事会において協議を行い判断することとする。

by 勝手にマンション改善委員会


マンションの環境整備にすごく積極的な方で、 その中に監視カメラシステム設置の取り組みが入っています。
ぜひご覧になってください。たいへん勉強になります。では。






一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例 一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。
追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


一戸建て住宅の買い取り式ホームセキュリティ導入例
1階と2階の窓、玄関、勝手口、2階の窓とバルコニーに開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 もし、全体の警報システムの中に火災センサーも組み込むことをご希望の場合は、イメージ図のように、 台所、寝室、子供部屋、階段室に火災センサーを設置します。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。

マンション、アパートのセキュリティシステム導入例 マンション、アパートのセキュリティシステム導入例。
月々のランニングコスト不要。取り付けも自分でできます。低価格、格安料金で簡単設置。 泥棒の侵入を感知すると110dbの警報ブザーで周囲に異常を報せます。 追加オプションの自動電話通報機を追加すると、 センサーが異常感知の際、予め登録された携帯電話などへ異常を報せるアナウンスを流すことができます。


マンション、アパートのセキュリティシステム導入例
玄関とバルコニーの窓に開け閉めを感知するマグネットセンサー(開閉センサー)を設置します。 就寝中も警戒モードにすることができます。
威嚇と周囲へ異常を報せる機能+担当者への異常通報をメインにした買い取り式自主機械警備システムです。 本製品は買い取り商品です。 警備会社からの切替、高額なリース方式の商品からの切替をご検討の方におすすめです。
コスト削減、経費削減に。警備会社に自宅の鍵を渡すのに抵抗感のある方にも。